旅で出会った少女

0

    (↑ガヤのマーケットで出会った少年)

     チベット料理店で働く16歳の少女。今年初めてブッダガヤ
    に店をだした。

    「初めてここに来て、何も分からなかったの。だけど誰も助けて
    くれないわ。ここの隣の店もチベット料理。だけど誰も話しさえ
    しようとしてくれない。理由なんて分からないけれど、多分新し
    く来たからかしら?」

    半年は、自宅があるダージリンで家族で経営している、レストラン
    で働き、今年から半年はブッダガヤへ来る事になった。仮設テント
    で作られた店内に、彼女はいつもお客さんを待って座っている。
    彼女の仕事はウェイトレスだ。

     家で手伝ってくれている料理人とマスターと一緒にブッダガヤ
    までやって来て店を切り盛りする。

    ブッダガヤの観光シーズンになる頃には、ダージリンからお母さん
    が駆けつけてくるそうだ。でも、彼女以外は、誰もヒンディー語や、
    英語をしゃべる事ができないので、彼女の負担の大きさは想像に難く
    ない。

    「私の自由時間はね。朝早く起きた時だけなの。でも疲れちゃうと
    なかなか起きられないけれどね。」彼女の笑顔はどこか淋しさが漂う。

    諦めているというのだろうか、達観しているのだろうか、彼女には
    若々しさが欠如してしまっているのだ。

    「私の友達はね、お化粧に1時間もかけるの。なんて言っても、友達
    と最後に会ったのは何時だったかしら? 世界が変わってしまったから。
    私はシンプルが大好き。1時間もあるなら、マーケットに行って野菜を
    買って下ごしらえが出来る。顔に変な物を塗りたくるなんて意味がない
    わ。
    せっかく神様がくださった、美しい顔があるのに、なんで目の上や唇を
    いろいろな色で塗りたくったりしなくちゃ いけないのかしらね。友達
    は、とてもお洒落な洋服を着ているわ。今流行の足やお腹がちらっと
    見えるちっちゃいやつ。だけどね。私はあれ大嫌いなの。テレビや映画の
    中のスターは、綺麗な洋服を纏う事でお金をもらっているの。インドに
    生まれた人が全員スターになれる訳じゃない。生活していたら、綺麗な
    洋服は汚すのではないかって冷や冷やするし、変な男の人から声かけら
    れて下品に思われることもある。良いことなんてないわね。」

    彼女は話す事をやめない。

    「時間さえあったら、私何でも出来ると思うのよ。だってカンボジア語
    とタイ語 お客さんから少しづつ習ってちょっとなら話せるし、ヒンディ
    ー語だって自力で勉強したんだから」

    でも、そんな彼女を見てつい思ってしまう。彼女が望んでいなくても、
    一度だけでもいいから、お化粧に1時間かけて、お洒落な洋服を着て、
    普通の女の子らしく買い物やデートにでかけて欲しいなあと

    「ママやお兄ちゃんが恋しいわ」ぽつり
    初めて彼女が漏らした 弱音だった。

    彼女がしていた携帯ストラップ。とっても可愛かったので誉めたら
    同じ物を私にくれた。私はこのストラップをさっそく携帯につけた。
    いつまでもいつまでも彼女の事を覚えておこうと思う。

    たった16歳で世間と戦いながらも頑張って生きている彼女の姿を

    今日は楽しい夏休み♪

    0

      ↑ちと、見ずらい写真でごめんなさい。目を凝らしてみてください

      いつものように、オート通勤。
      時々、思いもよらない運ちゃんに出くあわします。

      オートに乗ろうと停めると、客席には小さな子どもが。。。。
      デリーでは、知らないお客さん同士で相乗りをするという
      事がめったにないので、
      「なんで 停まったんだろう?」と怪訝に思っていると
      なんと、小さな子どもが運転席に移動するではありませんか。

      たとえ相乗りになったとしても、運賃が安くなる訳でもない
      し、たとえ安くなったとしても、知らない者同士が隣り合わせ
      しかも密室に近い状態。(オートとて運転していれば飛び降
      りるのは危険なので密室といえなくはない)
      安全面の問題もあり、普段から相乗りはしない主義。

      まして今回は、小さな子どもの座席を奪ってまで乗りたい
      とは思わないので、乗車を拒否しようとすると
      運ちゃんがしつこく「乗れ乗れ」と言う。

      運転手さんの子どもに対する態度がお客さん扱いしていない
      のと、よーく 運転手さんの顔と子どもの顔を見てみると
      顔がそっくりなのを発見。要するに親子だったんですね。

      彼は3人兄弟の一番末っ子。
      家はデリーの隣の州のウッタルプラディッシュ州に住んで
      いるのだとか。
      夏休みを利用して、お父さんはお仕事。息子はデリー観光
      と、一石二鳥のドライビング中だったのであります。
      お父さんが、大きな建物やモニュメントなど通るたびに
      「あ〜ここはインド門」
      「あ〜ここは国会」
      などなど、後ろで彼らのやり取りを見ててとても微笑まし
      かった〜

      私が日本人だと分かると、お父さんは浮かれに浮かれまくって
      鼻歌歌いだすわ、隣の運転手に
      「おれの客ジャパニだってさあああ〜」
      なんて、騒ぎまくるものだから
      私も困るし、息子さんも困っていたし。。。。。

      家に帰ったら きっと奥さんに
      「おい、今日よ こいつ(息子さん)とデリーで仕事
      してたら、なんかジャパニが乗ってきてよぉ おれらの
      事といろいろ聞いてきたんだよ」
      なんて、話している姿が 今から想像できてしまって(笑)

      なんだかお調子者のお父さんとしっかり者の息子さんの
      おかげで朝からとても素敵な気分になれました。

      君はHAPPYか?でも僕はUNHAPPYだ

      0
        パハルガンジで、道端でおもちゃを手売りをしている
        おじちゃんに声をかけられて、手にある売物をよく見て
        みると、それは、サイクルリキシャーのおもちゃで結構
        可愛い。

        作りは簡単、針金を起用に曲げたり、チューブを通したりして
        作られたもの、おじちゃんの言い値は「150ルピー」
        (日本円にして450円程度)
        いや〜確かに可愛いし、よく作られているけれど、原材料は
        どう見積もっても10ルピー(30円程度)もかかってない。

        「これは僕が作ったの。ここでしか売ってないんだよ」
        酒臭い息で語りかけてくる。

        「150ルピーはめちゃくちゃ高いから、ごめん買えない」
        と未練たらたら断ると、おじちゃんは、この客を逃すまい
        と俄然やる気が出てきたのか。

        「いや、これ300ルピーで買ってくれる人もいるんだ
        君は興味を持ってくれたから100ルピーでいいよ」

        あたりはオートリキシャーやら牛やら人やらで、ごった返し
        狭い道を車が通る度に脇によろうとした通行人の肩が触れそう
        になる。

        このまま道に立ち止まって値段交渉するのは少し億劫だった
        ので、
        「ラストプライスはいくら?」
        最後にさらなる値引きをしてもらえるように聞いてみると

        「そうだな80ルピー」

        確かに最初の値段に比べると半額以上もダウンしているものの
        (しつこいようだが)原材料がどうみても10ルピーもかかって
        いないものに80ルピーは高すぎる。

        「ごめんね 高すぎるからいらないわ〜」

        「50ルピーでいいよ」

        50ルピーでも少し高い
        「60ルピーで2つ買うわ。それ以上は出せないわ。」
        と、さらに値切ると

        一瞬おじちゃんは顔を硬直させながら
        「OK 君はHAPPYかい?」
        交渉が成立してしまったのだ。

        思わぬ成果に満面の笑顔で
        「 とっても!!HAPPYよ 有難う」と答えると

        「そうかい、それはどういたしまして。でも僕はUNHAPPYだ。」

        おじちゃんの口元は笑っていたが、血走った赤い目は
        けして笑ってはいなかった。

        その後、私とおじちゃんのやり取りを遠くから見ていた孔雀の羽
        で出来た扇を売っているお兄ちゃんに
        「さっきのリキシャーいくらで買ったの?」と聞かれたので

        「30ルピーよ。」(2個で60ルピーだから)と答えると

        「えっ。。。。。。。」彼は言葉を詰まらせた

        私は高い買い物をしたのか?少し不安に思って
        「高かったかな?」て聞いてみると

        「とんでもない。安すぎるぐらいだよ いい買い物したね
        グッッジョブ!!」

        物売りのお兄ちゃんに褒められ、私のお得気分は倍増に。

        おじちゃんには申し訳けなかったけれど、鼻歌を歌いながら
        家路についたのだった。

        しょげながらの帰り道

        0
          しょげながらの帰り道、暗い一本道をとぼとぼ歩いていると
          「マダム ナマステ」
          後ろから自転車に乗った男の人に声をかけられた

          たしかに、なんとなく顔は覚えている。でも、はっきり
          覚えている訳でもないし、どう返事していいか分からない
          どうしよう。。。。。と迷っていると

          「調子はどうだい」
          どうやら彼は私のことを良く知っているらしい

          「ぼちぼちよ あなたは?」などと

          とりあえず適当にお茶を濁し 彼が立ち去るのを待つこと
          にすると、
          自転車に乗っていた男性は、私の隣に歩いていた男性とも
          友達らしく、彼と2言3言話してから
          「じゃあ」とペダルを力強くこぎ始め去っていた。

          取り残された同士、なんとなく親近感がわき 
          同じ道を歩くのに、黙って歩くのもなんだか変だし、かと
          いって 見ず知らずの人といきなり話すのも変だったので

          とりあえず さっきの自転車の人が誰だったのか 聞いて
          みることにした

          「あ、彼は○○ストアーで働いているやつだよ」

          ○○ストアーは、たしかに良く買い物へ行くお店。
          だからなんとなく自転車に乗っていた彼の顔を覚えていたん
          だと独りで納得していたとろこ

          「あんた やつの顔 覚えていなかったのかい」

          知らない人と親しそうに話していた私にびっくりした
          らしく 確かめるように聞いてきた。

          「いや なんとなく顔は知っていたんだけれど でもどこの
          誰だか思い出せなかったの」

          それからというもの

          「あんたどっから来たの」
          「あんたの家はどこ」
          「あんた 何してるの」

          と、お決まりの質問攻めに合い。

          私も負けずに

          「どこに住んでいるの?」
          「仕事は何しているの?」
          彼が持っていた袋を指さして
          「これは何?」

          などと応酬

          たどたどしいヒンディー語で話していると、どうしても
          会話につまり その度に

          「あんたここに住んでいるならもっとヒンディー語勉強し
          なきゃ駄目だよ」と怒られ

          「英語でしゃべってよ 私外国人なんだから 日本語でも
          いいわよ」
          などと口答えしながら あっという間に家の近くのマーケット
          に到着したのだった。

          家の近くにある小さなマーケット。
          彼はここにあるパン屋さんで住み込みで働いているという。

          私はもう5年も同じマーケットに住んでいて、よくその
          パン屋さんを利用している。

          ひょっとしたら、彼が作ったパンを食べていたかもしれないと
          思うと、なんだか不思議と強まる親近感。

          おかげでしょげながら歩いていたのに たった5分の彼との
          会話で、気が付くと元気になっていた。

          時々こんな事があるから インド 嫌いにはなれないんだよな〜
          (って、最近散々インドの悪口書いていますが。。。)

          タクシードライバー

          0
            インドのガイドブック。どれを読んでも
            「タクシードライバーには注意するように」 
            と書かれている。

            一番多いのは金銭トラブル。
            次は頼んでもいないお土産屋さんに連れていかれたりと
            残念ながらトラブルは後を絶たない。

            でもね。タクシードライバーの運ちゃんみんながみんな
            悪い人じゃないんだよ。

            先月は犬のお人形運ちゃんからプレゼントされたし

            おとといは 2500(6000円強)ルピー運ちゃんから借り
            たし(←すぐに返しましたが)

            なんてったって、運ちゃんの田舎に遊びに行っちゃった
            もんね。
            (デリーに住んでいる日本人多いといえども、オートの
            おじちゃんの家とタクシー運ちゃんの田舎(ヒマーチャル
            プラディッシュ州)に行ったのは私ぐらい?)

            たまたま 毎日通っているオフィスがホテルの中にあり、
            そのホテルのタクシーを利用する機会が多いという恵まれ
            た環境にいたから出来た事で、さすがに私も流しのタクシー
            を利用することはないけれど。。。

            ホテルのタクシースタンドに所属している運転手は30人。
            そのほとんどが他の州から出稼ぎに来たドライバー達。
            自分でタクシーを所有しているドライバーはまだいい。
            けれど、タクシーを借りているドライバー達は毎日350ルピー
            持ち主に払って、結局実際に手元に残る金額は毎月3500
            (7000円ぐらい。)ルピー。
            24時間働いて(とはいえ、タクシーの順番待ちが長いから
            体を休める時間は十二分にある)田舎にお金を送って。。。

            お土産屋に連れて行こうとするのも、バックマージンを
            もらうため。お店によって違うようだけれど、1回につき
            500ルピーもらえるらしい。ポイント制でポイントを集
            めると時計などのプレゼントという店もあるそうだ。

            運転荒いし、ぶっきらぼうで怖そうだし。なんとなく
            近寄り難い運ちゃん達だけど
            自分の家族の話になると、急に顔がほころんだり

            別に毎日格安料金でタクシーを使って帰っている訳じゃ
            ないけれど、いつもイライラさせられる事が多いけれど
            なんとなく憎めないんだな。。。。。。

            だからガイドブックに書かれている事は事実だけれど、
            そんな運ちゃん達を悪の権化のように毛嫌いするのは、
            やめませう 可愛そすぎるよぉぉおお。

            いやぁ たまたま来週日本から友達が来るので改めてガイド
            ブック読みなおしていたら、ちょっと彼らのフォローをした
            くなって一筆。失礼しました。

            届きそうで届かなかった手紙

            0
              最近、「何故インドに住んでいるのか」が分らなくなって
              いるというか、インドに疲れているというか、そのせいで
              どうしてもインドの悪口や弱音ばっかり書いてしまう。

              たまには明るい事書きたいよ でもね。
              やらかしてくれた 大家さん。
              あ〜 あ〜

              (大家さんの2階の部分を ただ今間借り中で、下に大家
              さんがいつも住んでいます。)

              前々から60代後半で、考え方が大分保守的な大家さん夫婦
              だな〜とは思っていたし、
              結構いい物件で条件がいい割には、越してきた時にこの
              部屋はしばらく使われていなかったんだな〜 って
              感じたのは やっぱり癖のある大家さんだったから店子
              が落ち着かなかった訳だわ〜

              けして人は悪くない。話せば努力をしてくれる。
              だけどね 

              「今日あなたにクーリエ(メール便のようなもの)届いて
              いたけれど、オフィスに送るように言って受け取らなかっ
              たから ふふふふふふ」

              「はっ?」

              大家さんは私のオフィスのアドレス知らないよね、どうや
              ってその速達はオフィスに転送されるの?

              と言いたいところ 店子は店子と深呼吸して

              「クーリエの会社名は聞いてくださったんですか?」

              「彼(配達員)は何も聞かなかったから多分あなたの
              オフィスの住所知ってるんでしょ?」

              「はぁ?」

              「あの せめて差出人か誰か確かめていただけたので
              しょうか?」

              「何か小さな写真かチケットのようなもの。そんな重要
              な物なら 彼も何か言うでしょう 大した物じゃないわよ」

              「はぁぁ〜?」
              大切な物かどうかは、こちらで判断する事。せめて応対し
              たんだから、今回は受け取り次回からは郵送物は預かれま
              せんとか言ってくれればいいものを今さらどうする事も
              なく。

              「一体何が問題だったんですか? 郵便物をこの住所で
              受け取れないというのは住んでいる方としては非常に
              不便だし 可笑しいと思うのですが? 毎日毎日何か
              配達される訳でもなく どんなご迷惑をかけている
              のか教えてください」

              と、お伺いしたところ

              「だって 彼(配達員)は2時半に来たんですもの。
              その時間はお昼寝の時間だから。。。。。。
              それに彼感じ悪かったし 私好きではないわ」

              お昼寝? 好き嫌い? そんな問題ではないでしょう。
              確かにお昼寝のお邪魔をしたのは申し訳なかった。でもね
              一度対応しているんだから どうして受け取ってくれ
              ないかな? 次回からなるべく受け取りたくない。って
              言ってくれればこちらだって、それなりに対応するのに
              は〜   

              これでも いい大家さん。
              インドではヴェジタリアンが多く、自分の家のキッチンで
              お肉どころか卵料理を作られるのを嫌がる大家さんも多い。

              それにしても、めずらしくクーリエできた私への手紙
              クーリエでわざわざ送るという事は何か重要な事だった
              のであろうか? 今となっては知る由もない

              その後、様々な友達に電話をかけて手紙を送ったかどうか
              聞いてみたけれど該当者は見つからず

              これをお読みで、どなたかお心辺りのある方は mie まで
              ご一報を。

              昼寝に好き嫌いか〜 はぁあ〜


              1

              calendar

              S M T W T F S
                  123
              45678910
              11121314151617
              18192021222324
              252627282930 
              << June 2017 >>

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              • 親友からの年賀メール
                ともぞう
              • あぢぃ!!
                bijay
              • あっという間の一年 
                たかこ
              • 驚いたのなんのって!!
                たかこ
              • 驚いたのなんのって!!
                mie
              • 驚いたのなんのって!!
                たかこ
              • 驚いたのなんのって!!
                momo
              • ひさびさに。。。。
                mie
              • あぢぃ!!
                mie
              • ひさびさに。。。。
                たかこ

              recent trackback

              links

              profile

              書いた記事数:219 最後に更新した日:2011/01/03

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM