1年ぶりの日本上陸♪♪

0

     
    約1年ぶりに帰国いたしました。
    今回もVISA書き換えのため
    長かった今年の1年。

    興奮しすぎデリーの空港に、はやく着きすぎてしまい、思わず日本の友達に
    電話をかけまくってしまったり

    飛行機のサテライトのマップに、飛行機のマークの先端が、九州に触れた瞬間
    到着時間2時間前にもかかわらず「あ 私日本の上陸を飛んでいるのね」と
    思った瞬間、つぅーっと 涙が頬に。。。。

    などなど興奮しております。

    あっ!という間の2週間

    0


      帰国してから
      あっ!という間の2週間
      何をしたという訳でもないのに、気がついたら2週間
      すぎていました。

      日本はいい国だあ〜

      私のひねくれた性格が災いして なぜかインドカレー
      ばっかり食べているのは気のせいでしょうか?
      家の近くのインド食材店を見つけ、すでに常連になっているっていう
      噂が どきどきどき

      先日、知人を誘って ノスタルジーに浸るお散歩を敢行
      高田馬場から日本橋(地下鉄東西線で7駅程度)をカメラ
      片手に歩き
      途中でカチャリ


      カチャリ


      カチャリ


      写真を撮ったり(案外東京って絵になる場所あるんだねえ しばらく
      ぶりの日本だから 外国から来た人の視線で東京見ていたのかな?)
      平将門さまの首塚でお参りしたり、とても楽しい散策になりました。

      将門さまの首塚でホームレスの方がお供えされていたお酒を盗み飲み
      していたのだけれど 大丈夫だろうか?
      弱きを助け強気をくじく 将門さまだから きっとお怒りにならない
      よね。どきどき

      バーゲンセールの会場でのおばさん達のパワーに圧倒されたり
      (開店と同時になだれ込み、目指す本日の目玉商品コーナーへ殺到。
      サイズなどを確かめもせずにとにかく商品を手にしたあとは、端の
      方でサイズチェックおよび同じように、とにかく商品を手にした人
      たちとのサイズ交換会 インド人よりもすごすぎる 
      ジャパニーズおばちゃんパワー)

      なにはともあれ 日本の生活に順応しつつあります。


      帰国しましたあ!!!

      0


        最後はドタバタ、空回りの毎日で 帰国準備が思うように
        すすまず、出発5分前まで 髪を振り乱し、パッキングを
        し続け、大家さんに鍵を渡し、お願いしていたタクシーに
        乗り込みなんとかぎりぎりセーフでやって来た空港。

        JAL便ゲート前。
        明らかにここの一角のみ異様な雰囲気。
        2年前に比べて、明らかにジャパニーズビジネスマンが増え
        背広を着た人たちの人だかりが。。。。。
        そんな雰囲気に圧倒されなんだが急に緊張? 
        日本のインドブームってこんなところからも伺えますね。

        やっとこさ乗った飛行機で、ぐっすり寝るはずだったのに
        興奮していたせいか一睡もできずに成田へご到着。
        なにが悲しくてJAL便機内でインド映画と暴れん坊将軍見て
        しまったのだろうか?(松平健が若かったあ。)

        成田空港到着後も顔面蒼白の事態がああ!!

        日本の空港なんだからATMぐらいあるだろう と
        日本円を用意していなかった私は、空港で見つけたATM3台は
        ご利用サービス時間外。うち1台はシャッター閉まってた(涙)

        クレジットカードのキャッシングもご利用サービス時間外。
        手元にわずかに残っている記念で持ち帰ったインドルピーを
        日本円に両替したところで自宅までの電車賃まではたらず
        (って、そもそも ルピー日本円に両替してくれるのだろう
        か?)

        ひょっとして ご利用が始まるまで2時間半 空港待機?
        家に電話もできないし。おおおい。

        外に出れば 何かしらATMがあるだろうと、ふらふら彷徨い
        なんとかさATMを見つけ ご自宅に2年ぶりにもどるも
        両親のマシンガントークに圧倒され
        こっちが興奮しているのでマシンガントークしたいのに
        いや おしゃべりなのはお血筋?
        あっという間に 日本での1日は過ぎてしまったのです。

        というわけで インドからドタバタを引きずり日本へ
        帰ってきました。
        てなわけで 関係者各位さま ご連絡いただいているのに
        そのままになってしまってごめんなさい。

        ・母に携帯の使い方を教える。(本人いわく2年待ちらしいので)
        ・父がビデオデッキ詰まらせたビデオ抜く作業
        ・そもそも我が家インターネット使える環境ではないので
         使えるようにする

        などなどの作業が終わり次第 連絡します。
        って これ書いている間に電話しろってか?
        すみません。

        日本総括

        0
          インド デリーにもどってきました。
          そして第1日目にして停電です。 
          (新しいPCのおかげでバッテリがきちんと働いてくれて
          いるので画面の明るさだけで、部屋の明かりを取ってい
          ます。)

          3年も故郷を離れるっつうのは、やっぱり良くないなぁ〜
          っていうのが感想かな。
          やっぱり、3年も留守にすると、友達の数がすごく減りま
          す。ちょっとした知り合いとかは全滅。

          ひさびさに電話しても、相手の態度がかなり冷たい
          「あんた今さら何さ。。。」っていうのが、妙に優しく
          そして上ずっている声からひしひしと伝わってきて
          こちらが連絡先を残して電話切るも、その後一度も
          かかって来なかったような。。。。。。

          今回は一時帰国で時間が限られていたので、なかなか人に
          会うことが出来ずに(出稼ぎもしていたので)こちらも
          申し訳ないけれど会う人に優先順位が出来る。
          どっちもどっちなんだろうけどね。

          むりやり自分の時間を割いて、私のためにスケジュールを
          調整してくれた友人たち。本当に感謝しても感謝しても
          感謝しきれません。
          改めてここで御礼もうしあげます。
          こんな私でも良かったら 友達続けてくださいね(涙)

          「もう一度会いたいね」って、言いながら会えなかった
          方々本当に申し訳なかったです。今度はすぐに帰る
          (本当か?)予定なので、是非会いましょう。というか
          インドに来てください。アレンジメントはお任せあれ!!

          一番しんどかったのは 3年ぶんだけ年を重ねた両親や
          親戚との再会かな。
          シンプルで、あまりごちゃごちゃと物を置くのが好き
          ではない母が、部屋中お人形さんやら造花など物だらけ
          にしていた。
          家に入った瞬間、あまりのごちゃごちゃ度に
          「なんじゃこりゃ ジャングルか?」って思ったけれど、
          そうじゃなくて、母は一人っ子の私が遠くにいっちゃって
          淋しかったのかな。って

          父や母から逃げるようにして日本を去った前回に比べて
          今回の旅立ちは涙がでるくらい辛かった。
          2ヶ月の滞在中も、やっぱり両親とはぶつかってばかり
          いたけれど、最後の晩はなんだか妙にシンミリ。
          空港まで送りに来てくれた母の手前涙を流すことが
          出来なかったけれど、やっぱり飛行機に乗った途端に
          涙がとまらなかったよ〜
          (大げさな なんて笑わないでくださいね。片道切符
          でインドに来た私は、いつ帰れるか分からないんだもん
          1年か1年半後には帰りたいけれど。。。。。)

          特にたった一人生き残っている祖父は88歳。
          88歳だから、明日何があってもおかしくない。
          祖父にとって 孫は私だけ。そんな祖父や病気の叔父
          にもう一度会えることが出来るのかな なんて思ったら
          もうたまんないよ。

          私の家族は偏屈だし、いろいろ問題は多いけれど、こんな
          にたくさんの愛に私は支えられているんだって思うことが
          出来ました。(誰もが思うことだと思うけれど、やっぱり
          私の両親 最高!!おじいちゃん 最高!!)

          それにしても、人間の脳とは不思議なもので
          インドに来た途端、日本で過ごしていた日々が遠い昔の
          ような錯覚に。
          明るく奇麗な日本の空港から一変してデリーの空港へ
          一緒のフライトで来た観光客の人が
          「節電してるんじゃないの?」
          っと思わず口にしたのが聞こえてきたけれど、
          デリーの空港はやっぱり暗いよーーーーー
          ちゃんと発電してよね。今だって停電中 もう1時間立ってる
          んじゃないかな?
          デリーライフ 始まりです。


          本当は直接伝えたいんだけど。。。。。Part2

          0
            昔の職場の先輩にお約束どおりに夕食へ連れて行って
            いただきました。
            とはいえ、相手は奥さんがいる身分。相手がどう考えよ
            うと やっぱり 私には昔の下心があるので、2人きりに
            なるのを避け知人を誘いました。

            (酔っ払った勢いで 昔好きだったんですよ。立ち直る
            のに時間かかって、今でも少し引きずっているかな 
            なんて言いかねないからね。笑)

            相変わらず、お疲れの顔
            頭のカラーリングはまだされてなく。お洒落な先輩に
            あるまじき容貌。やっぱり疲れているんだろうなぁ〜

            待ち合わせ場所に30分も早くついて
            どきどきしながら 先輩を待つ。背広を着た道行く人
            一人一人をすばやく目でチェック

            あ。先輩だ!!
            久々に見た歩いている姿。
            あれ? こんなに背が低かったっけ?

            いつも忙しい先輩。
            7時に待ち合わせたにもかかわらず、8時半から別件が
            あるとか。 忙しい時間を割いてくださったのを喜ぶ
            べきか。それとも 奥さんの待つ家に帰りたいのかな?

            深読みせずに、今の時間を大切にしようと
            昔話に大いに笑い。大いに飲み。

            私ってば いじめられキャラらしく
            昔同様 いじられまくり。 それがどこか心地よくて。。。。

            知人も
            「言葉は悪いけれど 可愛がられてるね」って

            最近お疲れ気味で、悩み気味で夜が眠れなかった私に
            とって、心許せる人たちとの会話は どんなに助かる
            ことだろう。
            インドに帰ったら しばらくは日本の知人との会話楽しめ
            ないんだよなぁああああ

            「君はインドにいつ行くんだ!!」
            「○日に帰ります」

            「帰るじゃないだろう。行くだろう。」
            単に、ちょっと国粋主義的な先輩から 日本人である私が
            「インドへ帰る」なんて言葉を使ったのが気に食わなかった
            だけなのは分かるけれど、すっごく嬉しかったなああ

            あああ〜 先輩に負けないくらいの
            いい恋したいなあああああ!!

            惚れた 粋な姉さんだぜぇ!!

            0
              歯医者さんが終わると、外は雨。
              テレビで朝天気予報を聞いていたので、折りたたみの
              傘を鞄の中にしまってはあったんだけれど、不精な私は

              「まあ、大雨でもないし 雨に打たれるのも 
              いいかな?」

              なんて、傘もささずに信号待ちをしていたら

              後ろからすーーーーっと花柄の傘が

              あれれれれれ?

              ここは神楽坂。お着物を着た姉さんが、ごく自然に
              傘に入れてくれたのでした。

              このシチュエーション。素敵な男性だったら
              もう目がハートになってしまうぐらい 舞い上がったん
              だろうけれど、粋な姉さんの気遣いに
              雨で打たれて 冷え切った体が 姉さんのさりげない
              温かさで ほてってきました。

              ちょっとだけだけどね。 って微笑む姉さん

              私は惚れました。

              最近かなり人間不信気味。
              右見ても 左見ても 私の周りは敵だらけ なんて
              思っていた私。よっぽど疲れた顔していたのかな?
              ありがとう 姉さん

              歯が。。。。。。

              0
                インド3年間の不摂生。歯医者さんへ行ったら虫歯が
                4本もありました。
                もともと天然?っていうか間の抜けたところがある
                mieさん。ものすっごく歯が痛かった訳じゃないし
                たしかに疲れると 痛かったような?
                でもまさか4本もあるとは思いもよりませんでした。

                まあ、念のために歯医者さんへ行っておくか って
                いうぐらいの気持ちだったのに
                歯医者で診察していただいて恐ろしいことが判明。

                治療に時間がかかる。。。。。。。。。。。。。

                疲れると痛み出すような気がした上の歯は問題はなく、
                痛くもなんともなかった下の歯が問題だったとか。

                なぜだろうか?
                う〜む

                結局先生と話し合って、日本で治療できるところまで
                は日本で治療して、後はインドで って話で落ち着いた
                にもかかわらず
                本日またまた歯医者さんへ行ったら
                「もう少しいれたら治療できるんだけどね
                治療しとこうよ」

                先生 それは悪魔のささやきだぁ〜
                ただでさえ体調不良で2週間帰印伸ばしてもらったのに
                また伸ばすのか? それって許されること?

                里心がたっぷりついた私。今日の歯医者さんへ行く
                までは、帰るつもりでいたのに 気持ちがぐらぐら
                揺れるよ〜

                どうしよう インドの歯医者さんよりは やっぱり
                言葉の通じる日本の歯医者さんの方がいいよな。

                どうしよう。。。。。。 ピンチ!!

                またもや大阪おばちゃんパワーが!!

                0
                  以前、大変お世話になった知人と会い
                  「何が食べたい?」との問いに

                  「インド・カレー」
                  あああああああああああ なんで鰻って答えられないの
                  かしら?
                  そういえば鰻食べてないよおおおおお

                  インド料理屋さんへ入ると、懐かしのマサラの匂いが 
                  テレビではインド映画のダンスシーンが流れ。。。。。。
                  あれれ?

                  知人に連れられて行ったそのお店は、厨房の中にいる
                  コックさんウェイターさんともどもインドの方達なのに 
                  お店の中には定番のテレビがない。マサラの匂いもあまり
                  感じず。
                  メニューを見ると、もちろんインド料理はあるけれど、
                  なぜだか焼酎やタイ料理や中華料理まである?
                  あれれれれ?

                  知人も知人で 運ばれてくるインド料理の説明をウェイター
                  さんじゃなくて私にするもんだから、それにひとつひとつ
                  丁寧に答えた私はすっかりウェイターさんに要注意人物に
                  指定されてしまい、食べている最中ジロジロ見られるし。
                  あ〜ん

                  厨房で働いているコックさんもあちきを観察し始めたよ
                  こっちも負けずに観察(ここで負けず嫌いを発揮する必要
                  はないんだが)していると彼らはヒンディー語で
                  「彼女 ヒンディー語分かってるって」
                  「いや 分かってないって」
                  「だって こっち見てるぞ」
                  「大丈夫だ」
                  なんて聞こえてくる始末。

                  これ以上ジロジロ見られながら食事はしにくいので
                  「理解しているわよ」と微笑んでからが大変

                  「どこに住んでいるんだ」
                  「僕はどこどに住んでるけれど知ってるか?」などなどの
                  質問攻めに あ〜 余計な事言わなきゃエガッタよおおお

                  知人との楽しい会話をするはずが。。。。。
                  だんだんお店にお客さんが入ってきたので、その後、彼らから
                  開放されましたが、跳んだご飯になってしまいました。

                  帰りがけのお会計。目の玉が飛び出るほどの高さに びっくり
                  「すっごく 高いね」との私の問いに
                  「日本は高いからね」との彼らの答え
                  それにしてもあまりの高さに また あちきはヤラカシタ
                  大阪のおばちゃんもびっくりの「ちょっと安くしてよ」攻撃。

                  もちろん答えはノーだったけれど、次回来たら ディスカウント
                  してくれる約束だけはしっかり取り付けました。本当か?

                  なんでも、そこのお店の経営者は中国人
                  だから、中華料理やタイ料理をだしているとのことでした。
                  インド料理の味はというと。。。。 
                  おちゃめなウェイターさんとコックさんい免じて
                  あえてコメントを避けさせていただきます。
                  やっぱしインド料理屋さんはインド料理に集中しましょう。

                  言い訳するけれど、私はかなり酔っ払っていたのです。
                  普段はこんな恥ずかしいことしません。信じてください。

                  目くそ鼻くそを笑う

                  0
                    「○○さんの英語の発音って すっごく変」
                    「そうそう 最初は彼が何を言いたかった分からなかった
                    けどもう慣れたよなぁ」

                    と、ヒングリッシュ(←ヒンディー語とイングリッシュの
                    造語)で満員電車で話している、インドのお方よ。 
                    君たちの英語の発音もとてもすばらしいのよ!!という気持
                    ちをこめて

                    ヒンディー語で あなたのヒングリッシュはとてもお上手ね
                    って嫌味のひとつでも言ってやろうかしらと思って気がつい
                    た。

                    私の英語だってすばらしいわよね。
                    ああああ 目くそ鼻くそ笑うだったわ。

                    でも、こんな差別意識っていうか 見下した態度というか
                    特権階級意識っていうか(俺たちって英語しゃべられるん
                    だぜ、しゃべれないやつなんて ばぁ〜かぁ)
                    こんな嫌〜な感じって、インドで時々感じるんだよなぁああ〜
                    まあ、中途半端な階級っていうか、このような話をする人達
                    って実際はそんなに突出して目立つ程の人達でもないんだけ
                    れど。。。。
                    彼らに「謙虚さ」という言葉を教えてあげたいよ。本当に

                    それにしても、なんで日本にいながらインドの人を見つけて
                    は観察しているんだろうか?
                    まもなくインドへ帰印 とっても気持ちがブルーな私
                    でもどうして、すぐインドの人を見つけては 耳ダンボに
                    して観察しちゃうのかしら?

                    あああ日本の生活を満喫している私にとって、だんだん
                    現実世界を思い出させられるような出来事でした。反省

                    私の2時間47分を返せ!!

                    0
                      歌って踊るインド映画。1本が3時間もある。
                      つまり、映画を見始めると3時間が潰れることになるので、
                      かなりの覚悟を有する。

                      たまたま知人からDVDを借り、返却日も近づいて来たので
                      さては気合を入れて見るかと 見始めたまでは良かったのだが

                      なんと2時間47分で、DVDが止まってしまったのだ。
                      ディスクを取り出してみると、かすかに傷がついている。

                      布で汚れを拭いてみたり、水で洗ってみたり、さまざまな事を
                      試みたが、やはり再生すると同じところで止まってしまう。

                      これがね 前の方で見られなくなるならば 諦めもつく。
                      なんで寄りによって2時間47分なんだろうか。

                      最後の大盛り上がり

                      駆け落ち同然に逃げている お互いに惹かれあっている若いヒーロー 
                      ヒロインの元に親族が武器を持って向かって行く
                      (インドの古い考えでは、駆け落ちは一族の恥。一族で恥をかくより
                      はと、親が子どもを殺す事さえありうる)
                      大どんでん返しで、親が二人の仲を許すハッピーエンドか、それとも、
                      そろってヒーローヒロインが殺されてしまったり、自殺をしてしまう
                      悲劇か、とにかく一番面白いところなのだ。

                      あ〜ん 気になる 気になる
                      気になって夜も眠れないジャンね。 
                      ああああああ 2時間47分という時間を無駄にしてしまったのにも
                      頭にくるけれど、このエンディング 誰か教えて欲しいよ〜


                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 親友からの年賀メール
                        ともぞう
                      • あぢぃ!!
                        bijay
                      • あっという間の一年 
                        たかこ
                      • 驚いたのなんのって!!
                        たかこ
                      • 驚いたのなんのって!!
                        mie
                      • 驚いたのなんのって!!
                        たかこ
                      • 驚いたのなんのって!!
                        momo
                      • ひさびさに。。。。
                        mie
                      • あぢぃ!!
                        mie
                      • ひさびさに。。。。
                        たかこ

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      書いた記事数:219 最後に更新した日:2011/01/03

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM