一枚の写真

0

    (物思い。。。。。)

    大分前の話になるけれど、パハルガンジ(ニューデリー駅周辺
    の安宿街)へ行った時、首から3台のカメラ(ライカのカメラ)
    をかけ、肩にかけているバックには、日本のお守りがしっかり
    とくくりつけられ、撮影に夢中になっている男性を発見。
    「こりゃあ完全な鴨じゃないかあ」と心配になり おせっかい
    にも声をかけたことがあった。

    「これが僕のスタイルだから」

    まあ、カメラを首から3台。しかも、ライカですよライカ。
    ニコンとかキャノンじゃないの、ライカなの

    「素人さんではないよな」とは思ったけれど、まさか彼は
    カンボジアなど様々な地域で、写真を取り続けている
    プロ中のプロだとはそのときは思いもよらなかった。

    そんな彼から「日本に一時帰国したので」と、インドで撮
    った写真がメールで送られてきた。

    まず、びっくりしたのが、報道畑を歩いていた彼らしから
    ぬ写真だったこと。とても鮮やかな絵画のような写真だった。
    私には、こんな素敵な写真はまだまだ撮れない。

    (ちなみに上の写真は私の写真です。いずれどこかで彼の
    写真を紹介できたらと思いますが、まだ彼に許可どころか
    打診しておりませんので。。。。。。)

    感想を彼に求められ、どのように書いていいのか迷ったので
    彼の写真を知人のカメラマンに見せることにした。

    多数ある中の一枚、テーラーが足踏みミシンを使って縫い物
    をしている写真。
    私には温かみのある写真に思えた。でも写真を見せたカメラマン
    によると

    「このプアガイ。お金がないから電動式の機械が買えなくて
    インドを象徴するいい写真だ」

    朽ちかけた壁、温かい日の光、年老いたテーラーが一心不乱に
    仕事をしている様子が表現されている。思わず時間の流れが
    ストップしたような感じで、日の暖かさが私の体にまで感じる
    素敵な写真と私は感じたのに。。。。。。。

    確かに、私たち外国人とは違うインドのカメラマンにとって
    は日常の一コマであり、何の感情も浮かばないのかもしれない。
    こんな汚いところ撮りやがって何がおもしろいのかね。ぐらい
    思っているのかもしれない。

    「写真とは、光 カメラ(の機材) そして構成」
    そう彼は言い切る。

    まあ、そりゃあ事実なんだけれど、なんでまたこう極端に
    無機質に捉えるのかしら?

    一枚一枚彼は 「あーでもな こーでもない」と、写真を切って
    いく。

    「写真はレコードだから」

    もちろん、そうだけれど、切り取られた現実よりも何かを強く
    訴えてくる写真はいくらでもあるのに。
    そもそもレコードとはいうけれど、その場面から写真として
    切り取られた段階で、そこに映っている物にはカメラマンの主観
    が入り客観的な記録としての役割は果たさないような気がする。

    うーーーむ。
    まあ、彼も報道畑の人だからなあ。

    まあ、写真に向き合う姿勢は人それぞれ。
    ただ、温かみがあると思える写真も見る人が見れば傷ついて
    しまったり、違う感情を思い起こさせ不快に思わせてしまった
    り、難しいものなのだなあ。

    と いろいろ考えさせられる出来事と相成りました。

    最近なんか私自身が人間愛とか人としての温かみとか優しい気持ち
    に飢えていて、過剰になっているだけのかな?

    コメント
    こんにちわ。まさら通りの管理人のトウショウと申します。
    mieさんのブログを日記”まさらな日々に”リンクさせて頂きましたので書き込ませて頂きました。

    いい写真を撮られますね。これからたまに拝見させて頂きます。
    こんにちわ。まさら通りの管理人のトウショウと申します。
    mieさんのブログを日記”まさらな日々に”リンクさせて頂きましたので書き込ませて頂きました。

    いい写真を撮られますね。これからたまに拝見させて頂きます。
    >トウショウさま
    リンクありがとうございます。

    ついつい インド生活愚痴日記になってしまって
    なるべく写真だけは良い写真をとセレクトしたも
    のです。
    お褒めいただけて大変光栄に思っております。
    まさら通りの情報は、日々活用させていただいて
    おり、大変お世話になっております。
    重ねて御礼を!! ありがとうございます。
    • mie
    • 2007/02/20 7:19 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 親友からの年賀メール
      ともぞう
    • あぢぃ!!
      bijay
    • あっという間の一年 
      たかこ
    • 驚いたのなんのって!!
      たかこ
    • 驚いたのなんのって!!
      mie
    • 驚いたのなんのって!!
      たかこ
    • 驚いたのなんのって!!
      momo
    • ひさびさに。。。。
      mie
    • あぢぃ!!
      mie
    • ひさびさに。。。。
      たかこ

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:219 最後に更新した日:2011/01/03

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM