6年という歳月

0


    いやあ。最近私の周りは結婚ラッシュ。

    私がインドに来たときに、初めて住んだ Bマーケット
    N家の呪いのせいか、当時その家で青春を語り合った
    妙齢(をちと過ぎた?)仲間は そろって 結婚して
    いない。 うーーーむ。

    N家当主にいたっては、離婚をされたそうな。
    やっぱり、何かあるのだろうか? 
    ナンダか(←分かる人には分かる。ちと洒落のつもり)
    怖いぞN家の呪い(笑)

    「人間皆平等」「頑張れば必ず報われる」精神を幼い時から
    叩き込まれ、純粋にそれを信じて生きてきた私にとって
    「人間不平等」「頑張っても報われない」「正義は勝つとは
    限らない」などという、人生の辛さを学んだインド。
    気がつけば6年過ぎていた。う〜む

    いろいろ学んだな〜

    笑顔の人が必ずしも心の中も笑っているとは限らないこと。
    抗いきれない運命のような物があること。
    パワーを持つものが最終的には勝つこと。

    でも、やっぱり人の心を動かすのは、どれだけ
    その人が真摯にそれに打ち込んでいるか。その打ち
    込んでいる姿や情熱だということ。

    私も少しは成長できたんじゃないかな。なんてちょっぴり
    (いや 本当はたっぷり)思っています。

    インド生活もラスト1ヶ月。
    遣り残した事がありすぎて、すぐにでも帰る予定では
    いるけれど ひとまず一区切り。

    ある知人から「粘着質」と言われるほど 執着心の強い
    (うざい?)私にとって、6年で作り上げたものを捨てるのは
    断腸の思いでもあります。
    ただ、体調を崩したり、自分の生活スタイルを立て直しを
    するには ちょうど良いタイミングだったのではないかな。

    恨み言もたくさんある。
    だけど、いつまで愚痴愚痴しててもしょうがない。

    結婚が決まったタクシー運ちゃんからの満面の笑顔の
    報告に、ちょっぴりおセンチな気分に。
    素敵な笑顔だったなあ〜

    みんながみんな それぞれの幸せを掴んで
    ハッピーになれれば いいなあ。

    コメント
    Mieさん
    そうか〜。 あと一ヶ月?! なんだねぇ〜。
    帰国したら会えるんだな、と単純な考えの私です。
    6年間インド生活してMieさんの歴史に色んな思いが、いっぱいつまってて、これから何か生まれそう。
    あまり無理しないように、自然体で! アーユルヴェーダーのマッサージとかで、癒されないの? 私すぐラクな方にこころが動いちゃうんで〜す。 
    • たかこ
    • 2007/11/01 10:58 AM
    インドを出る事になったのですか?
    6年という歳月は長く短い年月ですね。
    私がmieさんと知り合ったのも6年位前でした。

    ご自身がインドを去っても、色々な事が出来ると思います。
    私事で言えば、タイで知り合った会社のメンバーは、私との縁がきっかけで、今年、日本に技術研修(財 海外技術者研修会)で半年来てましたし、来年も2名来る様です。
    アパートの隣室に居た、国立大学の日本語学科の女性は、アルバイトで通訳として会議に同行してもらったりした事も有ったのですが、先月から京都へ留学しに来てしまいました。

    生活や仕事の拠点が映っても、培った人の縁が有れば、インドに関わっているのと同じ様なものです。
    インドに居ないからこそ出来る事もあるでしょう。

    mieさんは、一生懸命過ぎて、近視眼みたいになって自分を犠牲にして頑張って空回りなんて事が多そうだよね。
    自分がハッピーじゃないと、他人にハッピーを分け与えてあげられないからね。
    少しは自分の事を優先させた方がいいかもね。

    日本に来たら(敢えて戻るとは書きません)、連絡下さい。
    久しぶりに一緒に飲みましょう!
    • moto
    • 2007/11/01 5:20 PM
    こんにちは
    私も日本にいながら、ここ数年、mieさんと同じ思いを
    ずっと持ち続けながら、生きてきました。

    「人間不平等」「頑張っても報われない」
    「正義は勝つとは限らない」

    ・・・昨年の私、完全に投げやりで同じ言葉を吐いていました。


    そして、

    「抗いきれない運命のような物があること」

    ・・・も感じて、努力の結果の報酬を得ることに、
    あきらめがつき(いや、脱力感?)、無気力になりました。


    これって日本にいてもインドにいても同じなんだなあって、
    ビックリしました。
    年齢やら、期待度やら、時期やらと、
    いろいろなことが関係しているんでしょうけれど。

    でも私は最近ちょっと思いました。

    結果が出なかったのは、
    神様からのメッセージで、
    どっか無理しているよって、教えてもらったのかもしれないなって。
    ちょっと力を抜いてご覧ってね。

    で、最近、ちょっと生き方や物の見方を変え出しています。

    力を抜くようにしてね。

    mieさん、
    ここまで追いつめられるまで、頑張ってきてしまったんですね。
    6年のインド生活、お疲れさまです。
    あと少しだから楽しめますよね?

    • nao
    • 2007/11/01 11:09 PM
    >たかこ さま
    アユルヴェーダー 確かにいいですねえ。
    他のマッサージと違って、なんだか、マッサージ
    してもらった満足感がないのに、後から じわじわ
    と。効果は1番長持ちしたような気が。
    ぜひぜひ 帰国後喫茶店へ押しかけさせてくださいね。

    >motoさま
    motoさまは、やっぱり 鋭い。
    インドから去ると思ったときに、1番悲しかったのは
    ここで築き上げた人間関係。(下町のおじちゃん、
    おばちゃんと別れるのが淋しいのとホテルの従業員
    (タクシードライバー含め)
    下っ端な私を支えてくれた人たち。
    すっごく助けられた。とくに悪口ばっか書いては
    いたけれど 基本的には良いTホテルの従業員との
    人間関係を作るのに、苦労した分、勝手な思い入れ
    が強く。。。。

    motoさまを初め、日本に住んでいる友人たちとは
    電話やe-mailなどで 繋がっていられるけれど
    ここの人たちとは難しい。
    いつかご縁があったらとは思うのだけど。。。。。

    たしかに、イッパイ。イッパイ。になっていた
    けれど、「そんな自分を犠牲にしてまで。。。」
    なんて、買被りすぎですよお
    日本に来たら(笑)是非是非 飲みに連れて行って
    くださいね!! めちゃくちゃ感謝です。

    >naoさま
    お国が違えば考え方が違う。
    ただでさえ難しい人間関係。私の常識は世間一般
    の非常識(?)かもしれないけれど、それでも
    私が考えている当たり前のことが、全く通じない
    のは、結構しんどかったですね。
    いわゆるカルチャーショックって感じです。

    確固たる自分というものが出来上がっていないまま
    この地で生活を始めてしまったため、自分の軸が
    揺らぎ 自信喪失。
    憤慨してでも、水に流せばいい小さな出来事でも
    なぜ そのような行動を相手に取らせてしまった
    のか。何が悪かったのか。などと一生懸命理解し
    ようと、努力し続け それでも、自分の常識内で
    判断しようとしていたため もちろん回答が出る
    訳もなく、意味もなく落ち込んでしまう。
    なんてパターンで 自己崩壊へ
    の道を歩み初めてしまった時期なんてありました。

    人は人 私は私
    人間の数だけ考え方生き方が違う訳でして。
    今までは自分の考え方を相手に押し付けていた
    だけだなあ。って 分かっちゃいるものの

    人それぞれに幸せの価値が違う、だから 
    「みんながみんな それぞれの幸せを掴んで
    ハッピーになれれば いいなあ。」って

    努力が実らない時の悲しさ すっごく分かります。
    正当に判断されない辛さ(報酬という意味を含めて)
    辛いですよね。
    無気力になってしまうの、すっごく分かります。
    悲しいがな 世の中はパワーバランスで動いているん
    です。 それをロシアの友人に教えられ
    それを体得したあとは、世の中を斜めに見るようには
    なったかもしれないけれど、少し楽にはなりました。

    とはいえ、最終的に人を動かすのは真摯に取り組ん
    でいる姿やその情熱。
    これだけは譲りたくない。譲れない。

    あれ?また肩に力はいちゃった(笑)
    naoさんのアドバイスどおり
    力を抜いて インド
    楽しむよう心がけますね。
    本当にありがとうございます。
    • mie
    • 2007/11/02 10:09 AM
    >とはいえ、最終的に人を動かすのは真摯に取り組ん
    でいる姿やその情熱。

    その通りです。
    どんなに名言であっても、受け売りの言葉では人の魂を揺さぶる事は出来ません。

    努力の結果≠成功 であっても、そこには無形の財産が蓄積された筈です。
    そこで得た人間関係、失敗のノウハウ、etc
    最近、少し解ってきました(遅いって?)。

    多分、mieさんもインドに居たからこそ納得出来た事もあるのでしょう。
    そういう自分がそうでしたからね。

    世の中、何が幸せなのか解らないけど、自分を受け入れてくれる場所、人を多く持つ事が一番なんじゃないかな?
    何年かして、ひょっこりインドを訪れた時に、以前と同じように接してくれる人達が居たら、それが財産なんだと思います。

    あと一月、enjoyしてください

    • moto
    • 2007/11/02 5:54 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 親友からの年賀メール
      ともぞう
    • あぢぃ!!
      bijay
    • あっという間の一年 
      たかこ
    • 驚いたのなんのって!!
      たかこ
    • 驚いたのなんのって!!
      mie
    • 驚いたのなんのって!!
      たかこ
    • 驚いたのなんのって!!
      momo
    • ひさびさに。。。。
      mie
    • あぢぃ!!
      mie
    • ひさびさに。。。。
      たかこ

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:219 最後に更新した日:2011/01/03

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM