プライドとキャベツの思い出

0


    「守らなきゃいけないプライドってあるんじゃないの?
    最近のmieさんを見てると、あなたが何をやりたいのか
    正直分からなくなってきた。プライドがない人間に人を
    感動させるような仕事出来るわけないじゃん」

    正直、ガツンって来た。
    そして、やっぱり私は最高の友達を持っているとも
    思った。

    そして、ふと昔の思い出が頭をよぎった。

    むか〜し むか〜し
    父が会社を潰したとき(私ってば、ある時期まで
    社長令嬢だったんですのよ うふっ)
    とってもお腹がすいたのに、食べるものがなく
    お好み焼きに入れるキャベツを買うか、タバコを
    買うか迷った母は、タバコを選んだ。(両方買う
    お金がなかったんですねえ)

    まあ、母にしてみれば精神安定剤であるタバコを
    必要としていたのだろうけれど、私にとっちゃあ
    お昼に具(キャベツだけでも)のあるお好み焼き
    が食べたかった訳で。。。。。
    一食抜いたぐいらいでは、大した事もないだろう
    との判断だったのだろうが、実際、その日の夕食
    は何かしら食べたんだろうし(記憶がない。)

    でも、忘れられない思い出でもあるし、二度と
    こんな思いはしたくないと思ったことだけは覚え
    ている。

    だから、安定した生活というものの有難さが身に
    しみついているんだろうなと思う。
    だけど、この安定した生活のために、犠牲にして
    来た事が多かったのではなかろうか。

    激高化の父は「プライド」「正義」「仁義」なる
    物を非常に大切にしていた節があり、おかげで
    母と私が苦労した。
    家具の差し押さえなんかも、何度が経験したこと
    がある。
    いやあ、テレビドラマなんかでは、家具ひとつ
    ひとつにシールをペタペタ張ったりしてるけれど
    (地域によって違うのかもしれないが)本当は
    一覧表みたいのをペタって貼るだけ。係員の人の
    温情で、たいていはその表をカレンダーの下などの
    壁に貼って、隠してくださる。

    初めてのときはすごく驚いて泣いてしまったが
    回数こなせば、こんなの慣れっこ。係員の人にお茶を
    入れるわ、本当は自分の家のクーラーなのに
    「あ、これはマンションのクーラーです」
    なんて答える知恵までついてしまった。

    でもやっぱり、トラウマになってるんだなあ。

    「mieさんて、いろいろ経験してるのに。まがんないよ
    なあ〜。それだけは感心してるよ。」

    との褒め言葉とも嫌味とも取れる言葉に

    「まあ、根が単純だから。。。。」と答えたら

    「見てて危ういよ。いつ壊れるか分からないぐらい繊細
    なのに折れないから不思議だよ」との返事。

    「プライドを捨ててるからじゃないかな?」
    この私の一言が友人の火に油を注いでしまったらしい。

    「あなた プライドなんか捨ててないじゃない。すっごく
    傷ついてるじゃない。すっごく疲れてるじゃない。いい加減
    目覚ましなさいよ。あなたらしさ あなたの良いところって
    何よ。あなたしか出来ない物もってるでしょう。そんなあなた
    が好きな友達をがっかりさせないでよ。もっと自信持ちなよ」

    うーーーむ。
    私にしか出来ない物っていうものがあるかどうかは
    分からないけれど、最高の友達を持っている事だけは自信を
    持っていいと思った瞬間だった。

    時には、築きあげた物を壊してでも前に進まなきゃ
    行けない時がある。
    美辞麗句を並べ立てられたところで、踊らされず、物事の本質
    を見抜く力だけはインド生活で十二分に培われたと思う。
    というよりも、本能的に何かを感じるんだろうな?
    「これ うさんくさいぞぉ〜っ」て

    まずは、今の私に何が出来るか。私にしか出来ないものを探す
    のは、ちょっと難しいけれど、私に何が出来るかなら見つけ
    出せるような気がする。
    そんな探し物を始めてみようと思う。


    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2014/04/14 3:47 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2014/04/14 6:23 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2014/05/09 3:55 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 親友からの年賀メール
      ともぞう
    • あぢぃ!!
      bijay
    • あっという間の一年 
      たかこ
    • 驚いたのなんのって!!
      たかこ
    • 驚いたのなんのって!!
      mie
    • 驚いたのなんのって!!
      たかこ
    • 驚いたのなんのって!!
      momo
    • ひさびさに。。。。
      mie
    • あぢぃ!!
      mie
    • ひさびさに。。。。
      たかこ

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:219 最後に更新した日:2011/01/03

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM