ダークなお話 1

0
    少しだけダークなお話です。お許しください。

    インドに住み始めて5年。でもその前から1年に1回バック
    パックを背負って1年に2ヶ月間旅行へインドに来ていまし
    た。

    そんな昔の昔。
    とある村のとある青空教室に学校の建物を建てた事がある
    んです。(大学生だった当時、募金活動をしてお金を
    ためました。本当は文房具の予定が学校の建物に。。。。)
    そこの村から久々に知人がデリーに出てきたので会えない
    かとの連絡がありました。

    1年に1回ぐらいはその村へ毎年行っていたのですが、
    ここしばらくは忙しくてその村へ行っておらず、彼と会う
    のは久しぶり。

    とても楽しみにしていた再会
    でも彼が持って来たニュースはとても悲しい物でした。

    なんでも村の近くにある建物が世界遺産に選ばれた関係で
    その建物から半径○キロメートル(東西南北によってキロ
    メートルが違うようです。詳細はしっかり調べていないの
    で、このような表現でお許しください)の建物を取り壊し
    て再開発するそうです。

    そして彼が住んでいる村は、その再開発の地域に重なり
    いろいろと憶測が飛んでいるようですが、ほぼ1年以内
    にそこから出てゆかなければならない。。。。。。。

    世界遺産を否定するつもりはありません。
    でも、その地域に住んでいる人達の生活を奪ってまで
    守るべきものなのでしょうか?

    当然、私が建てた学校の校舎も取り壊されるようです。
    (校舎と呼ぶには、程遠い掘建て小屋のような物です
    が、皆さんの善意を集め建てた物です。)

    例え、この学校が無くなったとしても、他にたくさんの
    フリースクールがある訳で、実際に子ども達に支障は
    ないでしょう。
    村人も、政府が他の土地にフラットを作りそこに移る
    予定になっているので、ひょっとしたら今よりいい環境
    で生活が出来るようになるのかもしれません。

    でも、人にはそれぞれその土地にまつわる思い出があり
    ます。

    今までタイやネパールやパキスタンなど旅行しました。
    大きなカルチャーショックだったのは、
    日本であれば、必ず檻のような物で囲われ、中まで
    立ち入れい国重要文化財などに指定されている
    建物に、平然と洗濯物を干したり、子ども達が鬼ごっこ
    して駆け回っていたり、現地の人々の生活がその場所で
    そのまま行われている事でした。

    最初はものすごく違和感を感じていましたが、だんだん
    これでいいのではないかと感じるようになってきました。

    人々の普段の生活より尊い物があるのでしょうか?
    なんとか共存していく道を探すべきなのに。。。。。

    ― ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあら
    ず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久
    しくとゞまりたるためしなし。世中にある、人と栖と、又か
    くのごとし

    ふと、鴨長明の方丈記を思い出しました。

    多分私が、その学校を建てた時の思い出にしがみ付いている
    だけなのかもしれません。

    せめてこの再開発によって増えた観光収入の一部が
    この村の人達に還元されることを祈りつつ。。。。。。。


    関連する記事
    コメント
    インドのダークサイドのお話、聞けて良かったです。
    mieさん、学校を建てられたんですね。すごい。
    遺産と今生きる人たちの生活の共存・・・どちらかというのではなく、生活しつつ、遺産を守りながら尊重することは十分可能なはずだと思いました。土地への思い入れ、失ってみてどんどん出てくるものでしょう。鴨長明、深く感じ入ってしまいました。
    あほらしい
    そんな世界遺産いらね〜 と思ったよ
    遺産なんかより ずっとずっと 人々の生活の方が
    大切なのに
    • 勉子
    • 2005/07/18 6:44 PM
    その話、数年前からありますね。

    世界遺産場所から外へ移動する際に、
    新しい家(土地)を政府が用意した場所ではなく
    別の場所に買い求めたい為に、
    日本人にその話をして同情をかいお金を出してもらおうとする
    ものすごくえげつない奴がいることも確かです。
    そしてその話にまんまと乗せられ、お金を出した人もいます。

    話は表と裏と両方から確かめて、
    同情も時には相手を付け上がらせることにつながります。
    足元見られないように 注意 注意。
    • 江戸紫
    • 2005/07/25 12:59 AM
    >トリさま・勉子さま・江戸紫さま

    もともと この土地は観光客をだます
    不良インド人がたくさんいるので注意
    してください と 歩き方などにも
    書かれている場所。
    インドの人って子どもというか素直というか
    お金ほしい→だから金持ちからもらって何が
    悪い という考え方があるらしく
    何度私も泣いたり落ち込んだり。。。。。

    綺麗ごとを言うつもりはないけれど
    おなじ人間として通じあうものがあるのでは
    と信じて傷つけられて。。。。。

    もういい加減人の腹のさぐりあい やめたい

    ただし この問題はゆっくり取り組む必要
    があるような気がします。
    この件に関してはさまざまな思惑がうごめい
    ている。

    でも、やっぱり住んでいる土地を再開発
    のために取り上げられるっていうのは
    どうかと思うんですが 如何なものでしょうか?




    • mie
    • 2005/07/26 3:59 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 親友からの年賀メール
      ともぞう
    • あぢぃ!!
      bijay
    • あっという間の一年 
      たかこ
    • 驚いたのなんのって!!
      たかこ
    • 驚いたのなんのって!!
      mie
    • 驚いたのなんのって!!
      たかこ
    • 驚いたのなんのって!!
      momo
    • ひさびさに。。。。
      mie
    • あぢぃ!!
      mie
    • ひさびさに。。。。
      たかこ

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:219 最後に更新した日:2011/01/03

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM