ちょこっとトラブルの旅〜短気は損気?編 下 〜

0

    村から街まで5キロ(1キロ歩いた時点で見つけた4キロの標識)

    運転手くんが、クリケットに行き一人残されることに相成った
    私、思わず彼に
    「歩いて帰るから車はキャンセルしておいて!!」
    と、怒りにまかして口からほとばしてしまったのです。

    運転手くんも運転手くん。
    しかし時間通りに来ないチャーターしたドライバーもドライバー
    いや本当はチャーターしたつもりになっている運転手くんの
    勘違いなのでは?と思いもしないでもないのだけれど、どちらに
    せよ、こんなところでポツンと残されるのだけは絶対に嫌。

    さすがの運転手くんも
    「マダム ここから街までは遠いです。歩いて帰るなど。。。」

    でも、やっぱりどこか そわそわ

    もうどうにでも為れ。話を聞けば ここから街までの道は
    一本でしかもまっすぐ歩くだけ。距離にして歩いて30分ぐらい
    ここに住んでいる人たちが、全員車持ってるとは思えないし
    絶対にバスがあるはず。
    バスが通りゃあ、バスを停めるがよろし。通らなきゃ、歩けば
    よろし。

    短気な私はこれ以上運転手くんの顔を見る気にもなれず、彼が
    制止してくれる訳でもなく

    ふと、道路脇で見つけた標識をみると なんと街まで5キロ。
    歩くと約1時間半 ぐらい?

    どこが30分じゃい!! それとも村の人はマラソンなみの速さ
    で毎日歩くんかい(怒)

    怒りたくても、運転手くんの後姿は、クリケットの魔力に吸い
    寄せられるかのように、はるか遠く見えなくなっている始末。
    普段はおっとりしているくせに、こういう時の逃げ足だけは
    速い?ので怒りをぶつけようもない。こうなりゃ自力で帰る
    しかありません。

    なにせ 山の中の狭い道。一方通行分の広さしかない道を
    時折、トラックが上から下からものすごいスピードで通り過ぎる。
    やっぱり危ないといえば危ないと言えなくもない。っていうか
    やっぱり危険? 

    でも、道の両脇にうっそうと茂る木々の香りが漂って来て
    気持ちがいい。
    天気はどんよりとした曇り、雨さえ降らなければ歩くのには
    暑すぎず持って来いの日和。日暮れは7時ぐらいだから 街に
    つく頃までは、なんとか外は明るく保ってくれそう。
    考えようによっては、いい運動になるし、などと気を取り直して
    なるべく道の端っこを歩くこと20分。

    今度は「Hello!! Hello!!」と大きな声で話かけてくる
    謎の集団を発見。

    どうやら彼らはどこかで工事の荷物でも運び終えたところか、
    荷台が空になっているトラクターの後ろでしばしの休憩を
    している模様。ちょこっとお酒も入っている?

    ボスらしき人の大声と迫力に負けて、彼らに近づくと
    ボスは携帯で話しながら、起用にも、会話の合間を縫って
    私に向かって
    「俺らの写真を撮ってくれ」とのリクエスト。
    まあ、先を急いでいる訳でもないし、
    「とりあえず電話を終わらせたら?」との提案に
    (けして電話を切ってください。なんて言ったつもりはなか
    ったのだけれど)彼の恐持ての顔と違って、話が途中なのに
    電話を切ってしまう程の素直さ。

    電話を切らせてしまった以上、こうなりゃ写真を撮るしかな
    いよね。いい写真撮らなきゃ後ろから刺されそうだし。。。。。

    という訳で
    「はいチーズ カシャリ」



    写真撮影中に1台。
    住所を聞いている最中に1台。

    何てこと!!今まで20分も歩いて、一台もバスが通らなかった
    のに、2台もバスが通りすぎる不運さよ。

    その度に「あ!!バスがぁあああ」と 叫ぶと

    「コイナヒーン コイナヒーン(ノープロブレム)次がくるさね」
    の大合唱。
    ああああ、ここでは悠久の時間が流れているのね。

    彼らと別れ、更にに歩くこと30分近く。
    ようやく待ちに待ったバスの登場。そのバスに乗って、たった3分
    で目的地の街に辿りついたのでした。
    まあ、楽しいお散歩といえばお散歩だったけれど。。。。

    さすがに後悔したのか運転手くん。
    翌朝、携帯の電源を入れると7回ものミスコール。
    (なにせ運転手くんと話もしたくなかったので携帯の電源を
    切っておりました。)
    あああ、これでまた伝説を作ってしまった。なにせ彼は職場
    Tホテルズタクシースタンド運転手くん。
    ただでさえ武勇伝の多い私。
    きっとデリーに帰ったら、噂されてるんだろうなあ〜

    ちょこっとトラブルの旅〜短気は損気?編 上 〜

    0


      お仕事ということもあって、今回のアレンジは全てタクシー
      の運転手くんにお願いしました。
      いやあこの方普段から天然でして、いつもイライラさせら
      るのに、なぜか憎めない特殊な性格。彼の家族がお酒造りを
      していなかったら、絶対に頼まないのだけれど、まあ、他に
      縁故はない訳だからねえ。
      などと思っておりましたら、今回もやらかしてくださいました。

      頼んでおいた部屋はリザーブ出来てない。
      (持ち前の100万ドルの私の笑顔で なんとか部屋確保したけどさ
      だってその部屋しかトイレついてないんだもん!!)

      待ち合わせ時間に、絶対来ない。
      旅先での1時間遅れは気にしてはいけないのかもしれない
      けれど、写真を撮らなくてはいけないので、光の関係1時間
      ずれるといい写真が撮れない。(なんてちょっとプロっぽい?
      でも、腕のいいプロフェッショナルさんと違って ちょっと
      でも撮影条件が悪くなると良い写真が撮れないんですぅうう)

      それでもそれでも、彼なりに頑張ってくれてお礼を言って
      ゲストハウスに帰ろうとすると
      「これから我が家に来てください」
      本当はすぐにでも写真のチェックなどしたい所だけれど、お招き
      とあれば喜んで伺いますとも。。。。

      と、これが全ての始まりでした。

      なんせ2年前にも伺ったお宅。ご家族の方にも久しぶりに会いたい。
      暖かい歓迎を受け、遅めのお昼ご飯をご馳走になり さあ帰ろうと
      したそのとき(時計はたしか1時45分ぐらいだったような)

      「マダム クリケットが5時からあります。それ見ていって
      ください」

      「え?でも、それまで時間がたくさんあるし、クリケットは
      この次に。。。。」

      「マダム でも車に5時すぎに来るように言っておきました」

      ががががが〜ん

      結局、長居をするはめに
      でもね、言葉がしっかり通じる訳でもないし、そんなに長居
      しても、お互い話す事はなくなるし気まずい雰囲気になるの
      よねえ。案の定一通りのご家族の記念撮影が終わったあとは
      沈黙が続き しーーーーーん。
      間を取り持つべき ドライバー君はイビキをかいて寝てるしね
      しらぁ〜とした空気の中をつ作り笑いをして えへっへへへ
      しててもさすがに3時間は持ちませんよ。
      ちょっとお外に出て写真でも撮りたいと言おうものならば

      「マダム外は暑いので部屋の中に居て下さい」
      お前が外に行きたくないだけじゃろがあ。。。と怒りたくなる
      気持ちをおさえ、実際ひとりで村の中はうろうろ出来ないし
      (村の人たちの気持ちを考えると、写真を撮るためには地元の人
      の助けが絶対に必要だろうし)
      なんとかこらえた 3時間。

      やっとこさ5時になったら、今度は小雨が。。。。

      「マダム クリケットは中止です。車まで送ります」

      小雨がやんで、大通りまで出ても、案の定お願いしておいた
      車は来ておらず

      大通りに出る道すがら クリケットが行われることが分かった
      運転手くんは気持ちはそわそわ、今にでもクリケットへ行きたい
      のが見て取れる

      「マダム クリケット見に行きたいですか?」
      「いや ごめんなさい もう帰るわ」
      「でも 車が来ていません。クリケットすぐ始まります」

      「おいらの心配してくれてんじゃない 君がクリケットやりたい
      んじゃろが 怒 怒 怒怒怒
       あたしゃ 前からクリケットなぞ見たくない。君がクリケット
      している写真が欲しかっただけじゃろが。ご自宅に招いてくださ
      ったのは有難かった。しかし私の都合も聞かずに車を用意して
      車は来ていないだと おんにゃろ おいらの3時間返せ」

      と言いたいところは我慢して

      「クリケットしに行きたいなら行って。ここで待っていれば車
      来るんだよね?」と大人の対応を見せたところ

      「じゃあ!!」

      「え? じゃあ!!ですかい。 まじ?」

      たしかにね、一緒に待って欲しかった。2度目とはいえ、ここは
      知らない村の大通り。外国人は私だけ。
      もちろん、クリケットに行ってって言った気持ちは本心だった。
      でも、「じゃあ!!」って返事が来るとは思ってもいなかった。

      てなわけで、一人淋しく大通り沿いに残されたのでありんす。

      つづく
      (ちなみに写真は取り残された大通り。 な〜んにもありません 泣)

      旅のスタイル

      0


        旅のスタイルは人それぞれ。
        海が好きな人。山が好きな人。街が好きな人。

        私は、街。というよりも、人かもしれないなんて思います。

        バックパックを背負っての旅。そろそろ年齢的にも体力的にも
        限界が来ているな〜って感じている今日この頃。
        今回のこの旅が、多分そんな旅の終わりかなあ なんて思って
        出発はしましたが、まだまだ辞められそうにもありません。

        やっぱり トラブルがないと旅の醍醐味の半分もないような気も
        します。

        今回私が泊まったのは、ベジュナートと呼ばれる小さな街で
        ここは実は2年ぶり2度目です。
        前回同様、タクシー運転手さんの家の近くにある街で、半分は
        仕事。(前回は、タクシー運転手さんの姪さんをとある雑誌に
        紹介。今回はお酒のレポートです。)
        仕事がなけりゃあ 旅もできない そんなその日暮らし
        から卒業できないでいる自分が情けなくもあるのですが、
        致し方ないでしょう。

        街について私がした事は、思い出探しでした。
        同じゲストハウスの同じ宿に泊まり、同じ街にあるレストラン
        に訪ねる。

        だけど、ゲストハウスの建物はあったけれど、前回お世話に
        なったご夫婦はいなかったり、同じレストランはあったけれど
        前回と同じ物を頼んではみたものの、味はいまいち。
        従業員さんも変わっていて。。。。。
        (ベジ・トゥクパ頼んだのにケチャップ味とはなんだあ!!怒)
        結局思い出にすがっていては何も出来ないって事を学んだ
        旅でもありました。

        一期一会。。。。。

        それにしても、普段は大人しい顔をして
        「マダム。。。 マーム。。。」
        なんて可愛らしい(?)声をだしている運ちゃん達が
        (なんと同じ村に4人もTホテルタクシースタンドで働いている
        人がいるとはしらなんだ。)
        ここでは お父さんとして 旦那さんとして 叔父さんとして
        ふんぞり返っている姿には、びっくり。

        歓待してはくださっているものの、どこか閉鎖的な村の雰囲気
        もなんとなく感じて。。。。。
        女性は男性と一緒にテーブルにつかなかったりとか、お嫁さんが
        一番立場が弱く、家事など一番に働かなくてはいけないとか、
        しょうがないといえばしょうがないのだけれど。。。。。

        同じ女性として、ちょっぴり悲しい思いもしました。
        でも、ビハールの村とかに比べると、やっぱり村の雰囲気が
        明るく感じるのはなぜかしら?

        2年前も思ったけれど、私がいろいろ旅をした中でここが一番
        大好きな街。観光地を歩いてまわるよりも、私にはこんな小さな
        街で沈没しながら村へ行って、子ども達と遊び写真を撮るのが
        一番性に合っている。
        インドにいる外国人というだけで特別扱いしてもらっている
        のは十二分に分かってはいるのだけれど、待ち合わせ時間に
        平均1時間遅れるとか、電話線が貧弱だとかを除けば、本当に
        居心地の良い場所でした。 

        デリーからバスで約13時間。遠いといえば遠いけれど、一晩
        といえば一晩。

        腰は痛くなるわ、窓枠にずっと肩肘をついていたので
        痣になるわで、いろいろ体力的にはしんどいけれど、土地も
        もらえる事だし(←本当か?)
        こんなところにゆっくり住みたいなあ〜 

        ヒマーチャルプラデッシュへの旅 総括

        0


          たった今、デリーの自宅に帰ってきたところです。
          なんせ自分のノートPC持って行ったのに、市外電話すら
          通じにくい(通じない?)小さな街だったので
          はやく書きたくて書きたくて。リュックの荷物を床に
          ばら撒き、洗濯機まわしながら書いてます(笑)

          普段は規則正しい生活をしないのに、リフレッシュで
          ゆっくりとした旅(だらだら沈没)をするはずだった
          のになぜか
          (リフレッシュ=だらだら という訳ではないけれど)

          ・起床は、6:20AMごろ 
          ・3食しっかり食べ(普段はかなり不規則な食生活をして
           いるので)
          ・しっかり歩く

          スケジュールはだいたい
          ・朝 お散歩(カメラ片手に) 
          ・昼 読書(ヒマーチャルプラデッシュでもやっぱり
                暑かった!!)
          ・夕方 お散歩(カメラ片手に) 
          ・夜 読書

          つまりですね、本当の自分は規則正しい人間なんだという
          ことを大発見!!
          そう、すべてインドのストレスが私を。。。。
          (↑もちろん 嘘です。私の生活の乱れは自分の責任です)


          いやあ 総括なんて書くと偉そうですが、一言で言うと
          ですねぇ
          毎度毎度おなじみの ちょこっと トラブルおよび、なぜ
          私が性格的に可愛くないのか などなど 自分の性格を
          見つめなおす 旅になりました。

          いろいろ愚痴を書いていたけれど(愛とユーモアを持って書いて
          いたつもりだったんだけど。。。)どれだけ自分がインドを
          好きか。原点にもどった旅にもなりました。

          写真および旅行記は 興奮がさめやまぬうちに ばんばん書いて
          きます。

          なんか偉くゲストハウスのおじさんに気に入られて、彼の
          土地をもらう口約束まで。(冗談抜きで!!これはインド
          永住か?ビザはどうする?)

          うーーーむ。 迷うところだ。




          あづい。。。。。

          0
            あづい。。。。。。

            例年よりは、涼しいのではないかと思われるデリー
            日中は40度越えるし やっぱり あづい

            アンド

            職場での多大なるストレス

            なにがストレスって、始まりは天井からの水漏れ。
            2日間で終わるはずの作業が天井を壊して中にある
            トレーやパイプを取り替える1週間以上の大工事に。
            いやあ トンカントンカン という音だけならまだしも
            ペンキなどに含まれているシンナー臭 アンド ガスバーナー
            でパイプを焼いている時にでる臭いのコラボレートで
            もう、頭がまわってまわって書類が読めやしない。

            一応5スターホテルに所属している選りすぐりのスタッフ
            のはずなのに、手つきが危うい。
            スーパーバイズしなきゃいけない立場のスタッフに
            作業開始時間が2時間も遅れたことを 注意すると
            (作業を午前中に終わらせてもらうため前日に強く強く
            彼にお願いしてあったのに。。。。。)

            「僕は来てたけれど スタッフが集まらなかったんだもん。」

            うーーむ。
            集まらないスタッフを集めるようにするのが君の仕事
            でしょう。。。。。。。

            この彼、電気配線をいじってるときに、ライトが3つ同時に
            消えたとき、電球を取り替えるように指示。
            天然かな?

            このときばかりは部下にも
            「どうして3つも同時に電球が切れるの?」
            と 嫌味を言われていたような気が。。。。。

            電球が3つ同時に切れる可能性がない訳もないから、彼を
            とやかく言う資格はないんだけど、でもね、電気の配線
            いじってた訳だから、普通のその配線をチェックするべき
            なのでは。。。。
            と 思ってしまうのは私だけでしょうか?

            訳のわからん、スーパーバイザーくんとの戦い。アンド
            とんかんとんかん プラス 頭がくらくらする臭いとの戦い

            家に帰ると同時にベットへ そして気がつくと朝
            なのになぜか痩せない。。。。。。 
            おかしいな? 

            てなわけで
            あづくて 疲れたので 北に向かって1週間 旅にでます♪
            さあ リフレッシュしてくるぞおおおお


            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << May 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 親友からの年賀メール
              ともぞう
            • あぢぃ!!
              bijay
            • あっという間の一年 
              たかこ
            • 驚いたのなんのって!!
              たかこ
            • 驚いたのなんのって!!
              mie
            • 驚いたのなんのって!!
              たかこ
            • 驚いたのなんのって!!
              momo
            • ひさびさに。。。。
              mie
            • あぢぃ!!
              mie
            • ひさびさに。。。。
              たかこ

            recent trackback

            links

            profile

            書いた記事数:219 最後に更新した日:2011/01/03

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM